Recruit

採用情報

リクルートメイン画像

社員紹介

社員紹介4

2016年入社

アプリケーション設計・開発

コミュニケーションを密に、後輩育成にも力を入れる

入社理由
就職活動において軸は、「将来、活かせるスキルを身につける」でした。学生時代は、文系専攻だったため、就職活動中は「知識がないのに技術職なんてできるの?」という気持ちが大きくありました。しかし、ウィルウェイの社風、研修制度や実際に活躍する先輩方の話を聞いて、「自分でもできるかもしれない。挑戦してみたい」という気持ちが次第に大きくなりました。
仕事内容とやりがい、仲間や職場の雰囲気
フリマアプリの設計と開発を行っています。Ruby on Rails と ReactNativeというプログラム言語を使ってプログラムを書いています。
私のいる部署は若いメンバーが多いので、コミュニケーションが活発です。仕事でわからないことや気になることを確認しやすい環境です。
社風は、全体的に面倒見がよいと感じます。新しい技術に関しては若手でも任せてもらえることが多いので、やりがいを感じます。
印象に残っている仕事
入社1年目で設計から開発まで携わった仕事が印象に残っています。経験がないため、上司や先輩にひたすら質問をし、たくさん助けていただきました。自分が作ったシステムがお客様先に導入されたのを見ることができたのは、とても感動的でした。技術的な学びがあったのはもちろんですが、上司や先輩方の姿勢もとても勉強になりました。自分でやったほうが早い仕事でも新人の成長のために手厚くサポートしてくださいました。私もそんな先輩になりたいと強く思うようになりました。
オフタイムの過ごし方
休日は、家族と過ごしたり友人と遊ぶことが多いです。先日は、会社の先輩方とスポーツ観戦にいきました。仕事に余裕のあるときは、終業後や休日に勉強をするようにしています。平日の就業後に雑誌を読んで、休日にプログラムを書くことが多いです。自宅での勉強に関しては、すぐに仕事に結びつかないものも多いです。
ウィルウェイの良いところ
風通しが良いところです。会社の規模が大きくないこともあって、若手も発言しやすいです。私は、新規事業に取り組む部署に所属していますが、開発チームは全員入社4年以内です。経験が足りない為、壁にぶつかることがとても多いですが、自分たちで新機能の提案をしたり、事業レベルの将来の展望に意見をすることもできます。また、社長や役員も同じフロアにいて毎日顔が見えるので、トップと現場がとても近いです。
学生のみなさんへ
就職活動は、自分と向き合う良い機会だと思います。社会人になってからは、他の業界のことを知る機会は少なくなります。学生のうちにいろいろな職種や働き方を見て自分がなりたい未来を想像してください。
私も入社時は不安でいっぱいでしたが、今は楽しくお仕事できています。どの業界に進んでも社会人になると勉強することはたくさんあると思うので、悔いのないように果敢に挑戦してください。

タイムスケジュール

7:30 起床
8:30 出勤
9:30 業務開始(メール確認)
9:45 会議
10:00 ドキュメント作成
10:45 打合せ
12:00 休憩
13:00 設計
14:00 実装
16:00 打合せ
17:30 実装
17:45 会議
17:45 資料作成
18:00 実装
19:00 分科会
20:15 退社
20:30 飲み会
0:00 就寝
社員紹介用写真
社員紹介用写真